既存住宅現況検査(インスペクション)とは?

既存住宅現況検査(インスペクション)は簡単に言うと「住まいの健康診断」です

住宅は年月が経つにつれてだんだん劣化していきます。壁にヒビがが入ったり、傾いたり、雨漏りしたり様々劣化が発生してきます。住まいを長く安全に住み続けるために住まいの健康状態を把握して、必要に応じて修繕をする必要があります。

既存住宅の不良箇所や劣化状況を目視や触診によって診断をします。
診断結果を基に修繕や精密診断の必要性をアドバイスします。

国土交通省が策定した「既存住宅インスペクション・ガイドライン」に基づく講習を修了した既存住宅現況検査技術者が診断を行います

どんなときに行うか?

中古住宅を購入するとき

中古住宅を購入するときに「この建物は大丈夫かな?」「修繕は必要だろうか?」など心配事は多いと思います。その時に第三者のの専門家の診断を行う事で住まいの購入の為の客観的な判断材料となります。
修繕の必要な箇所がわかっていれば購入後どの程度修繕費用が必要になるかを知った上で購入できます

今の家に10年以上お住まいの方

住宅は長年住んでいると気がつかないうちに劣化が進んでいきます。定期的に診断を受けることで大きな事故になる前に不具合が発見でき、簡単な修繕で住まいを健康に維持できることになります。
気がつかないまま放っておくと大きな問題が発生し多額の修繕費用が発生する可能性があります

既存住宅現況検査の対象範囲

住宅インスペクションは既存住宅の現況の把握をするための基礎的なインスペクションになります

インスペクション種別 概  要 利 用 場 面
既存住宅現況検査
(住宅インスペクション)
既存住宅の現況を把握するための基礎的なインスペクション(一次インスペクション)
非破壊による診断
中古住宅の売買時に補修工事箇所の必要性を把握し、購入の際の判断材料とする
住まいの維持管理時の定期的な点検等、建物の劣化状況を把握する
既存住宅診断 劣化や不具合が発生してる箇所の原因等を把握するための詳細なインスペクション
部分的な破壊診断も含む診断・耐震診断等も含む
補修工事範囲の特定
一次診断で詳細な検査が必要とされたとき
性能向上
インスペクション
住宅性能の向上を目指したリフォームのための住宅性能の把握 省エネ改修、バリアフリー改修等、住宅の性能向上リフォームを行うとき

既存住宅現況検査の検査項目

既存住宅現況検査で検査する項目は大きく分けて3つあります。

  1. 構造耐力上主要な部分に関わるもの
  2. 雨水の浸入を防止する部分に関わるもの
  3. 配管設備に関わるもの

これらの内容について部位ごとに検査を行います

検査対象部位